特許出願に対する当事務所の考え方の一例


特許出願前における判断にも、特許出願に対する当事務所の特異な考え方、特許戦略が反映されています。

当事務所では、ご依頼を受けた案件については、特許になる可能性だけでなく、依頼者(出願人)が貴重なコストを費やしてまで特許出願するメリットが依頼者にとって本当に将来生まれ得るかどうかまで検討しています。

これは、ご依頼を受けた案件が特許になる可能性が十分にあるとしても、依頼者にとって特許出願するメリットが将来生まれる可能性が小さいと当事務所において判断した場合には、敢えて特許出願を行わないことを勧めているケースが生じていることを意味しています。

この例は些細なことですが、ご依頼を受けた案件について特許出願手続を一律に進めてしまうのではなく、依頼者にとっての将来のメリットを考慮した上で敢えて特許出願を行わないことを勧めることが、フェイクのない、依頼者への真の支援の一端になっており、そのことを誇りにも思います。

この例を始めとする、当事務所の特異な考え方、特許戦略が、多くの場面で広く、知的財産面からの本当の意味での効果的な支援になればたいへん嬉しく思います。

>>>当事務所の主要特許業務