立石 琢也 (Takuya Tateishi)

代表弁理士
[プロフィール]
京都府宇治市にある、化学研究所というとても穏やかな分校にいたときから、ここ10年間の趣味は知財です。その大学院を1996年に修了後、国内特許事務所勤務、弁理士資格取得、電機メーカー知的財産部門勤務などを経て、2004年に特許事務所を設立しました。

 

1994年、京都大学理学部卒。1996年、京都大学大学院理学研究科化学専攻修士課程修了。三菱電機株式会社を経て国内特許事務所勤務。国内特許事務所退職後、ソニー株式会社(ソニー株式会社知的財産部、ソニーテクノリサーチ株式会社、ソニー知的財産ソリューション株式会社)にて、フロンティアサイエンス研究所、ディスプレイ技術研究所、融合領域研究所、コアテクノロジー&ネットワークカンパニー、マイクロシステムズネットワークカンパニー、アミューズメントシステム部などの知的財産業務を担当。この間に、各部門の状況に合わせた特許戦略を立案し、遂行する。さらに、多数の特許権取得業務をはじめとする多数の国内・外国特許出願業務、国内・外国特許取得業務などを行う。2004年、当特許事務所を設立。大学主催、公的機関主催のセミナー講師など多数担当。

>>>所属弁理士リスト