当事務所による主要特許業務


当事務所では、企業における研究・開発と同様に、特許出願、特許権を貴重な投資対象の一種ととらえており、投資効率の最大化を追求するパテントポートフォリオマネジメントという特許戦略をベースとしています。

この特許戦略を実現するために当事務所で行うことの一例は以下のとおりです。

  • 明確な意図を持つ特許出願・特許取得
  • 多様な手法を組み合わせて行う綿密なクレームドラフティング[特許請求の範囲作成]
  • 発明の市場価値を増大させる独自の手法による明細書作成
  • 市場価値のある特許出願に変換する繊細な中間処理
  • 特許戦略・知的財産戦略・ビジョンの構築/企業戦略と特許戦略との整合
  • 研究・開発分野に応じた特許戦略策定
  • 特許に関する意思決定・判断プロセスの構築/判断基準の明確化
  • 特許選別/特許管理
  • 社内研修/社内文化の構築

これらの事項を組み合わせることにより、漠然とした発明抽出活動・特許出願手続・中間処理では到達できない水準の“投資効率”を追求しています。

>>>パテントポートフォリオマネジメントとは